SPF値-紫外線対策の注意点-

紫外線には、日焼け止めが必要ですがSPF値など正しい情報方法がお肌を
美しく保つ為には必要です。

 

この記事を書いている時点で九月半ばですがまだまだ暑いですね。

外を歩けば、容赦無く紫外線が襲ってきます。

 

紫外線は言うまでもなくお肌の老化を
一気に加速させます。

 

シミ、ソバカス、たるみ、シワなど
老けてみえる元凶といっても良いと思います。

 

紫外線で誤解してはいけないのは
室内にいれば良いという事はありません。

 

家や建物の中にいても確実に紫外線は
浴びているのです。

 

それから、今の様な暑い季節だけでは
なく例え曇っていても紫外線は肌に蓄積されて老化を日々加速させいるのです。

 

”じゃあ、日焼け止めで対策しなきゃ!”

 

って誰でも思いますよね。

 

だって、日焼け止めは紫外線を防ぐ為に存在しているわけで、すごく当たり前の事です。

 

私もそういうに思っていました。

 

でも、そう単純ではないのが
この紫外線対策の難しさなのです。

 

SPF値。 日焼け止めには大きく表示されているので見たことのある方もいらっしゃると思います。

 

このSPF値は紫外線のなかでもUV-B波の防御値を示します。

 

UV-B波とは、波長が短いが肌を痛める性質があるます。

 

主に、シミの原因となります。

 

(参考まで、UV-A波を防御値は
PA値として表示されます。UV-Aは長い波長で色素沈着を起こします。)

 

で、このSPF値が高いもの確かにUVケアしてくれるのが反面お肌を痛める原因になる可能性がありますので
値の高いものは避けた方がよいです。

 

室内にいるのであれば、比較的値の低い
10程度を二時間に一回使用するのがベストです。

 

SPF値の高いものはレジャーなどで
海や山に長時間いる時だけにしましょう。

 

臨機応変に。日焼け止めの使用にはそんな言葉がぴったりかもしれません。

 

 

g

コメントを残す

このページの先頭へ