シワをなくすにはどうしたらいいの?種類や対策

シワには乾燥によるシワと加齢によるシワがあります。

乾燥による小ジワは保湿をすることで改善されます。

 

また、年齢による加齢ジワはコラーゲンやセラミドを補うことで改善されます。

シワを作らないためには早めの対策を、シワを減らすには適切なケアが必要です。

なげく前に、今日からシワ対策を始めましょう。

 

シワ

 

 

シワができやすい箇所や種類と原因について

 

あなたはどの部分もシワが一番気になりますか?

シワと一言で言っても原因は様々です。

まずは、なぜシワができているのか把握してみましょう。

 

 

おでこの横ジワ:保湿とコラーゲンを増やすケアをおこないます。

 

目の下のシワ:主に加齢によるシワで、コラーゲンやエラスチンが足りていません。

 

口元のシワ:口角の横にできる細かなシワは乾燥が原因なので、保湿ケアが必要です。

 

眉間のたてジワ:目が悪いと眉間を寄せるくせがつき、深いたてジワになります。

 

目じりのシワ:一番小じわができやすいところです。アイクリームなどでケアします。

 

ほうれい線:乾燥による小ジワが原因のほか、筋力の低下、コラーゲン不足などでおこります。

乾燥から肌を守り、保湿ケアをしましょう。

 

 

*シワは乾燥によるものや加齢によるものだけでなく、

笑ったり怒ったりという表情の癖が定着してできるシワもあります。

 

これを改善するのにシワのケアのための

エクササイズやマッサージが有効です。

シワ対策のマッサージやエクササイズになどの対策ついて

 

おでこのシワにはマッサージが効果的です。

 

クリームをぬって滑りをよくし、おでこの中央から外側にすべらすようにして、こめかみを軽く押します。

 

目元のシワは手であまり触らないで、保湿効果の高いアイクリームを使いましょう。

 

・口元のシワは表情筋の衰えでできる加齢ジワ、笑うときのクセでできる表情ジワ、など原因は様々です。

自分のシワが何によるものかを知ることが大事です。

乾燥による小ジワには保湿を、加齢によるシワにはコラーゲンやセラミド、

レチノールなどの成分を含んだ美容液をぬるとよいでしょう。

口元もあまり触らない方が良いでしょう。

 

 

ほうれい線のできる一番の原因は、顔の筋肉の衰えと言えます。

 

口輪筋を鍛える方法は、鏡を見ながらにっこりと微笑むことです。

口角を上げて微笑むことを4~5回繰り返した後、口笛を吹きます。

この二つを繰り返すことで口のまわりの血流が良くなり、たるみが取れて、ほうれい線が薄くなります。

 

 

*口輪筋とは唇の周囲を取り囲む筋肉のことで、唇を閉じたりすぼめたりするときに使います。

口輪筋が衰えると、口角が下がって表情が乏しくなり老けて見えます。

 

 

・首のシワは筋力の低下によって増えていきますが、

シワの改善のためにと首のマッサージを繰り返しおこなうと

、逆にシワの原因になることがあります。

 

むしろ、手のひらを使って耳の後ろから首の横を撫でて鎖骨に流す軽いリンパマッサージをおこなうと、シワにも効果があるようです。

 

最近、流行っている表情筋を鍛えるエクササイズは、顔のたるみにはある程度の効果が期待できますが、

オーバーに顔の表情を作ると深い表情ジワができてしまう恐れがあるので、シワ予防には不向きです。

 

自分に合った美容法をみつけて根気よく試すことで、少しずつシワも目立たなくなるでしょう。

 

 

関連リンク

 

葡萄のポリフェノールを使った美容液

乾燥シワ対策にも

 

⇒  葡萄樹液ジェル

コメントを残す

このページの先頭へ