お金が貯まる「正しい節約術」とは

主婦の方の中には、節約に励んでいる方も多いでしょう。でも、間違った節約術にとかくはまりがちです。

私の場合もそうでした。ついつい節約というと、分かりやすいものに飛びついてしましますが

お金がそれで貯まった試しはないのです。

 

ここで、紹介するのは私が学んで実行した結果、効果のあった節約術と無駄だった節約です。

 

節約

 

効果のない無駄な節約とは?

 

まず、初めは私がやっていた無駄だった節約です。でも、これって多くの主婦の方がやっている事だと思うのです。

具体的な例を挙げると

 

■ 化粧品は、サンプルでなるべく済ませる

 

■ スーパーの安売りの為に、いつもより電車賃をかけて出かける

 

これらは得策とは言えません。

 

いくら、節約しても労力の割には大きな金額を節約できないからです。

というか、実際に冷静になって考えてみると節約する事が自己満足になっていて

本来の節約して、お金を増やす事が蔑ろになっているのです。

 

そうであらなら、もう少し大きなお金を見直した方が節約はできるのです。

 

生活の上で節約するべき三大要素

 

それでは、何を節約すれば、大きな支出を減らす事ができるのでしょうか。

私が学んだ専門の方によると、節約するべきなのは以下の三つの事です。

 

■ 住宅 

 

■ 通信費用

 

■ 保険料

 

我が家の場合は、住宅はすでにローンでマンションを購入してしまった為に

どうする事もでませんでした。

 

 

ただし、通信費と保険料を見直した為に、年間に50万くらい節約する事が可能です。

「正しい節約術」をまとめると

 

節約アドバイス

 

 

正しい節約術を実行するのには、以下の手順を試してみてください。

 

■ 一度家計の支出を面倒ですが全てだしてみて

お金が一番かかっているものをチェックする。

 

■ その上で乗り換えなどで、節約できるのか

これも面倒ですがやってみる事が大切です。

 

特に、大切なのが上に上げた

住宅・通信費用・保険料の見直しです。

 

■ 今度は、浮いたお金を毎月、必ずいくらでも良いので貯金する習慣をもちましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ