オモチャを買う度に子供をダメにする。

玩具を自分の子供に買い与えのは子供をアホにすることや。”

 

とは私の尊敬する久保田カヨ子さんのお言葉です。

通称、カヨ子おばあちゃんとして
子育てのおばあちゃんとしてテレビ出演を機に一躍、主婦の間で子育ておばあちゃんとして有名になりました。

私もすっかりファンとりばっちり尊敬しています。

そんなカヨ子おばあちゃん曰く、おもちゃを次から次に子供に買え与えるという行為は子供をアホにしてしまうという事です。

 

ごもっともでございます!

 

でも、わかっていても買ってしまうのがダメな親なのでしょうか。。。。

 

おもちゃを買わないは子供を優秀にする!?

 

確かに子供ってオモチャを次から次へと玩具を欲しがります。

で、買ってあげるとその場は喜びますが、すぐに飽きてしまいます。

 

まあ、子供の笑顔みたさについついオモチャを買ってしまうのですが
冷静になって考えてみると親としてのエゴを満たすだけのような気もします。

 

dd_s

 

 

それだけではなく、記憶力や想像力を成長させるという意味でも、親のエゴの
せいで成長の機会を阻害しているんです。

 

同じ玩具を使い別の遊び方はないかなって考えているうちに記憶力や創造力が育ちます。 

 

カヨ子おばあちゃんによると
オモチャは、色々な遊び方が出来るシンプルなものが良いそうです。

 

確かに棒切れでも、子供は武器にしたり色々遊び方を編み出しますからね。

現在は少子化により一人の子供が皆に甘やかされている気がします。

 

じいじいとバアアバがいますので
親はオモチャは買う必要があまりないのでよね。

これからは、心を鬼にしてオモチャを買うのは控えようと心に決めました。

 

おもちゃが少ないと片づけも簡単になる。

 

玩具が少ないと部屋もキレイに保てますので実に良い事ばかりなのです。

子供が六歳くらいになってくると気がつく のですが捨てないと赤ちゃんからの玩具が

溜まりに溜まって凄い事になります。

 

捨てるのも一つの手ですが初めから不要なものは買わないの理想です。

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ